news

3月10日にひさかたチャイルドより発売される人気絵本作家tupera tuperaさんの新作「めがねがね」のブックデザインと付録のメガネカードデザインをminnaが担当しています。

ブックカバーのかえるさんのめがねはフレームをエンボス加工し、レンズにはUVニスを印刷することで、平面の中でも立体的なめがねを感じるこだわりの仕様になっています!付属のメガネカードで自分だけのめがねを作って掛けながら読めば楽しさも倍増。子どもから大人までみんなを楽しませるtupera tuperaさんワールド全開の絵本です。

読み聞かせにも、ギフトにもおすすめな1冊ですので、是非ご覧ください。

ひさかたチャイルド
https://www.hisakata.co.jp/book/detail.asp?b=049240

Amazon ※予約受付中
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4865492402…

愛知県の勝川駅より徒歩1分に位置する、複合商業施設ネクシティ パレッタの1階フロア「COMEET」がリニューアルオープンしました。私たちminnaはネーミングや事業コンセプトに始まり、ロゴや施設内サインデザインを担当しました。

ネーミングは「共同」や「共通な」どの意味を持つ”CO”と「来る」や「行く」のCOME、「会う」や「出会う」などを意味するMEETを合わせた造語です。
地域の人たちがみんなで考えて作る、新たな出会いの場になってほしいと考えました。

ロゴは場や考え方としての「余地」を感じられることを念頭にデザインしました。輪郭のみをラインで表現することで、内側の空間が通路のようにも感じられ、通路をメインとした施設の構造とも連動させています。

タウン誌にもインタビューを掲載いただきました。お近くへお越しの際には是非お立ち寄りください★

春日井 地域みっちゃく生活情報誌 月刊はるる
https://www.catapoke.com/search/?keyword=はるる

プレミアム湯田ヨーグルトで有名な岩手県の湯田牛乳公社が3年ぶりに発売した新商品「食事とのみたいヨーグルト」の商品パッケージデザインをminnaが担当しました。

食事にあわせて飲める新しい液状タイプのヨーグルトで、酸味と甘さのバランスがよく、さらっとした舌触りと、さっぱりとした後味が特徴です。

「食事とのみたい」という特徴的なネーミングを、直感的に伝えられるよう、ロゴ周囲の目立つ位置に食事の象徴的なモチーフのアイコンをあしらいました。通常であれば、表裏同一のデザインが多いのですが、どのような食事にも合うということを表現できるよう、裏面は和食や中華を連想する箸と角皿のアイコンのデザインになっています。

ロゴは、飲むヨーグルトとしては、かなりさっぱりとしているところが特徴なので、全体としてはシャープな中に、ご家庭の食卓にも馴染む親しみやすさが共存するバランスを意識してデザインしました。

新型コロナの影響で自宅で食事する機会が多くなった為、昨春から全国的にヨーグルト需要が増えているのもあり、より一層、毎日の食事に楽しみと健康とハッピーを届けられる商品になっていると思います。

関東圏での取り扱い店舗はまだ少ないのですが、オンラインショップでは購入できますので、ぜひ皆さまご賞味ください。

湯田牛乳公社オンラインストア
https://shop.yudamilk.com

いわて銀河プラザ(定番ではなく、客注になります)
http://www.iwate-ginpla.net/

らでっぃしゅぼーや(3月1日週よりスタート)
https://www.radishbo-ya.co.jp/shop/

ジョージクリエイティブカンパニーが主催するチャリティーアートイベント「匿名希望展」に昨年に引き続き、長谷川と角田が出品しています。

有名アーティスト、ファションデザイナー、タレント、シェフ、美術学校の学生、小さな子どもたちなど、総勢約200名の作品を匿名で展示販売するイベントです。
全て同じテーマで描かれた作品を、作者を匿名にすることで先入観なくアートを購入することができ、展示終了後、購入いただいた方へ作品をお届けとともに、そこではじめて作者を知ることができる仕組みになっています。購入いただいた作品の収益(一部運営費を除く)は、支援が必要な世界の子どもたちに、画材やクレヨンに換えてお届けし、アートに触れる機会を広げていくことを目的としています。

東京ミッドタウンのB1にある無印良品の店舗前あたりのメトロアベニューで展示していますが、作品購入は下記の特別サイトよりおこなっていますので、ぜひ皆さま、ご覧ください。

匿名希望展
展示期間:1月22日(金)~2月7日(日)
時間:11:00~20:00
場所:東京ミッドタウン プラザ B1F メトロアベニュー
作品販売ページ:https://tokumeikiboten.com/museum/

昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。
みなさま今年もどうぞよろしくお願い致します。

2020年はコロナ禍でいろいろな予定が変更になりましたが、そのような状況下でも、グラフィックと会場構成を担当した、立川のPLAY!MUSEUMのこけら落としの展覧会「tupera tuperaのかおてん.」にはたくさんの方にご来場いただき、盛況のうちに会期を終える事ができました。
また、大学の授業や武蔵野美術大学のオープンキャンパスはオンラインへ移行し、時代に対応したコミュニケーションのあり方などを試行錯誤しながらも、リアルとオンラインのバランスと役割などを強く意識して取り組むことができました。

そして、2020年という逆境の中でも農家さんのブランディングや美術館さんとの新規プロジェクトなど様々なプロジェクトがスタートしており、2021年はそれらが少しずつお披露目していけるのが、今から楽しみです。

私たちとしても次なるステップとして2021年は働き方や体制をアップデートしていく予定です。また詳細が決まり次第、お知らせさせて頂ければと思っています!

まだ油断ならない日々が続いていますが、そんな時だからこそ少しでも多くハッピーなデザインを届けられるように頑張りたいと思います。

皆さまにとってもハッピーの多い1年になりますように。

大阪府とNPO法人HELLOlifeが大阪府の府営住宅の空室を活用して、就職氷河期世代の方やコロナ禍により失業して住居の確保が困難な方に対し、住宅つきで就職や自立を支援する「チャン巣プロジェクト」が始動しました。

私たちminnaはロゴデザインと電車の中吊り広告などを担当しています。

【チャン巣プロジェクト】

大人気の絵本作家tupera tuperaさんの新刊「めがねがね」のブックデザインをminnaが担当しています。
チャイルド本社の2歳〜4歳向け月刊絵本チャイルドブックアップルの12月号で、
来年には上製本となって発売される予定ですので、是非ご期待ください。

minnaのinstagramページが開設しました。これからも変わらずウェブサイトやfacebookでもお知らせなどをさせて頂く予定ですが、お知らせやお仕事の紹介はもちろん、minnaの日常や制作の過程など、minnaの様子がわかるような発信をしていければと思っておりますので、ご興味ある方は是非フォローをお願いいたします。

minna instagram
@minna_design

のべ20,000人の子どもたちにプレゼン授業を出前してきたアルバ・エデュが新型コロナウイルスの影響で在宅している子どもたちのご家庭での時間が楽しくなるように行なっている、ZOOMを使ったオンライン授業「オンラインおうち学校」で明日12月1日に長谷川が講師を務めさせていただきます。

テーマは「デザインってなあに?」で、こどもから大人までわかりやすい授業ができたらと思っています。授業内ではポップアップカードを考えるワークショップも行う予定です。参加費は500円からの投げ銭制です。お子さんと一緒にぜひご参加ください。

「デザインてなあに? 〜ポップアップカードを作ろう〜」
12月1日(火)17:00~18:00 開催
デザインってなあに?絵を描くことじゃないの?
まずはデザインとはなにか、デザイナーと一緒に考えてみましょう。
そして、ポップアップカードを作ってみよう。
シンプルなポップアップカードのデザインの中に
無限の可能性があることをみんなで作って感じましょう!
武蔵野美術大学のWEBオープンキャンパス2020のWEBサイト。
デザインと合わせて、コンテンツ企画の担当や立川PLAY! MUSEUMのtupera tuperaのかおてん.かおルーペ&がんめんこのアートディレクションもされているデザイナー・長谷川哲士先生の特別授業です。
皆様のご参加、お待ちしております。

お申込み・詳細はこちらから
https://www.kidsweekend.jp/portal/events/E7A57DF9

11月19日にパイ インターナショナルより発売された「図形で魅せる広告レイアウトデザイン」のタイポグラフィカテゴリーの266、267頁に「MUSABI OPEN CAMPUS 2019」と、289頁に「minnaとみんなのハッピー祭」、シンボルカテゴリーの351頁に「ARTIST VISION」が掲載されています。

そして、なんと帯の中央にもminnaとみんなのハッピー祭を掲載頂いています!

幾何学模様を効果的に用い、作品のメッセージを引き出す優れたレイアウト事例を、幾何学模様のカテゴリー別に300点以上収録した1冊です。是非ご覧ください。

https://pie.co.jp/book/i/5415/