news

minnaは3月末で目黒区碑文谷から、世田谷区砧へ会社移転しました。
碑文谷オフィス前の桜並木も見送るように風に舞う中、無事に引越しも済み、新しい場所でお仕事を始めています。

予てから、次なるステップとして構想していた自宅とオフィスを合わせた空間で、これからも引き続きハッピーなデザインでみんなを繋ぐ活動をしていきたいと思っております。

自宅兼オフィスとなる為、住所はWebサイト上などでは開示いたしませんので、DMやご案内などお送りくださる方は、お手数ですがメールにてお問い合わせをお願いいたします。

また、移転のタイミングでアイコンも一新しました!9年ぶりに角田は髪型が、長谷川はメガネが変わりました。新しいアイコンと共に、これからもminnaをどうぞよろしくお願いいたします。

4月15日より、千葉市美術館で開催予定の、現代美術家の武藤亜希子さんの「つくりかけラボ03 C+H+I+B+A ARTシェアばたけ」のDMとポスターのデザインを担当しています。

つくりかけラボとは、「五感で楽しむ」「素材にふれる」「コミュニケーションがはじまる」という3つのテーマを軸に、アーティストが滞在制作をし、ラボの空間に合わせ、訪れた人びとと関わりながら新作インスタレーションを公開制作やワークショップを通して空間を作り上げていく、参加・体験型のアーティストプロジェクトです。

DMは、通常の展覧会告知DMの枠組みに捉われず、つくりかけラボらしい、参加のきっかけになるツールとしてデザインしました。ARTシェアばたけに実る「ワクワクする農作物」をイメージした形状をしており、中央のパーツはくり抜くことができるようになっています。くり抜いた部分は「キミだけの実」として、自分で創作し、美術館に持参してもらいARTシェアばたけの展示の一部になるという仕掛けになっています。

ポスターもDMと連動したデザインで、中央の実が抜き落とされており、周囲との関わりの中でクリエイションされていくという、つくりかけラボの特徴に合わせ、掲示される場所によってビジュアルが変化する仕掛けになっています。ガラス面に貼るとフォトスポットにもなります。会期中、どんどん変化していくシェアばたけに、是非、皆さまご参加ください。

会期:2021年4月15日(木)〜7月4日(日)
休館日:5月6日(木)、6月7日(月)
開館時間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
観覧料:無料会場:千葉市美術館4階 子どもアトリエ
主催:千葉市美術館
※会期中、会場内清掃を含むメンテナンス作業を予定しています。
作業日・時間帯については美術館ホームページでお知らせいたします。
なお、作業中は室外からご覧いただけます。

https://www.ccma-net.jp/exhibitions/lab/21-4-15-7-4/

スタッフの松尾さんが昨日で最終出勤日を迎えました。minnaオフィスで行ったイベントや、10周年に渋谷ヒカリエにて開催したminnaとみんなのハッピー祭、イベント設営時など様々な場所で、お世話になった方々へ、この場を借りてお礼申し上げます。
社員になって2年、インターンから数えると3年半ほどminnaのメンバーとして活躍してくれました。これから新たな挑戦をしたいと前向きな退社なので、応援しなげればと思いつつ、寂しい気持ちもいっぱいです。松尾さん、本当にありがとう。ご活躍を楽しみにしています。

こんなご時世で、寂しいので会いに来てと軽々言えないのがもどかしいですが、新たな体制でこれからも頑張りますので、引き続きminnaをどうぞよろしくお願いいたします。

2020年よりminnaがブランディングを担当している千葉のピーナッツブランド「Bocchi」のWebサイトがリニューアルされました。

Bocchiは2015年に立ち上がった「千葉の落花生を未来につなぐ、ピーナッツブランド」です。

九十九里浜の土壌を活かし、農薬や化学肥料を使わず有機資材の力で落花生を栽培。商品にも極力食品添加物を使わず職人が丁寧に加工した商品作りをしています。畑からテーブルまで。
Bocchiは「落花生の新しいカタチ」をつくり、千葉の落花生産業を未来へとつないでいきます。

Bocchiのピーナッツは一流シェフたちにも好まれ料理やスイーツなどにも使われており、主力商品のピーナッツペーストは丁寧な手仕事から生まれたピーナッツ本来の美味しさが光る一品です。
オンラインショップからも購入可能ですので、皆さまの食卓でも是非お楽しみ頂けたら嬉しいです。

Bocchi Webサイト
https://bocchi-peanut.jp

2020年よりminnaがブランディングを担当している千葉のピーナッツブランド「Bocchi」が、渋谷ストリームにて本日より開催中の「ててて商談会」に出展しています。

入場には、新型コロナウィルス対策のためPeatixでの事前登録が必要ですので、下記URLより登録の上、お越しください。

入場事前登録URL
https://tetete-show2021-3.peatix.com

ててて商談会 2021.3
会期:2021年3月17日(水)〜19日(金)
時間:11:00〜19:00 最終日のみ〜17:00 ※終了時刻30分前に入場〆切
会場:渋谷ストリームホール http://stream-hall.jp
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-21-3
Bocchiブース:4F-24
出展者:国内外で活動するリンケージプロダクトの作り手たち、100組が集います。

Bocchi Webサイト
https://bocchi-peanut.jp

3月10日にひさかたチャイルドより発売される人気絵本作家tupera tuperaさんの新作「めがねがね」のブックデザインと付録のメガネカードデザインをminnaが担当しています。

ブックカバーのかえるさんのめがねはフレームをエンボス加工し、レンズにはUVニスを印刷することで、平面の中でも立体的なめがねを感じるこだわりの仕様になっています!付属のメガネカードで自分だけのめがねを作って掛けながら読めば楽しさも倍増。子どもから大人までみんなを楽しませるtupera tuperaさんワールド全開の絵本です。

読み聞かせにも、ギフトにもおすすめな1冊ですので、是非ご覧ください。

ひさかたチャイルド
https://www.hisakata.co.jp/book/detail.asp?b=049240

Amazon ※予約受付中
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4865492402…

愛知県の勝川駅より徒歩1分に位置する、複合商業施設ネクシティ パレッタの1階フロア「COMEET」がリニューアルオープンしました。私たちminnaはネーミングや事業コンセプトに始まり、ロゴや施設内サインデザインを担当しました。

ネーミングは「共同」や「共通な」どの意味を持つ”CO”と「来る」や「行く」のCOME、「会う」や「出会う」などを意味するMEETを合わせた造語です。
地域の人たちがみんなで考えて作る、新たな出会いの場になってほしいと考えました。

ロゴは場や考え方としての「余地」を感じられることを念頭にデザインしました。輪郭のみをラインで表現することで、内側の空間が通路のようにも感じられ、通路をメインとした施設の構造とも連動させています。

タウン誌にもインタビューを掲載いただきました。お近くへお越しの際には是非お立ち寄りください★

春日井 地域みっちゃく生活情報誌 月刊はるる
https://www.catapoke.com/search/?keyword=はるる

プレミアム湯田ヨーグルトで有名な岩手県の湯田牛乳公社が3年ぶりに発売した新商品「食事とのみたいヨーグルト」の商品パッケージデザインをminnaが担当しました。

食事にあわせて飲める新しい液状タイプのヨーグルトで、酸味と甘さのバランスがよく、さらっとした舌触りと、さっぱりとした後味が特徴です。

「食事とのみたい」という特徴的なネーミングを、直感的に伝えられるよう、ロゴ周囲の目立つ位置に食事の象徴的なモチーフのアイコンをあしらいました。通常であれば、表裏同一のデザインが多いのですが、どのような食事にも合うということを表現できるよう、裏面は和食や中華を連想する箸と角皿のアイコンのデザインになっています。

ロゴは、飲むヨーグルトとしては、かなりさっぱりとしているところが特徴なので、全体としてはシャープな中に、ご家庭の食卓にも馴染む親しみやすさが共存するバランスを意識してデザインしました。

新型コロナの影響で自宅で食事する機会が多くなった為、昨春から全国的にヨーグルト需要が増えているのもあり、より一層、毎日の食事に楽しみと健康とハッピーを届けられる商品になっていると思います。

関東圏での取り扱い店舗はまだ少ないのですが、オンラインショップでは購入できますので、ぜひ皆さまご賞味ください。

湯田牛乳公社オンラインストア
https://shop.yudamilk.com

いわて銀河プラザ(定番ではなく、客注になります)
http://www.iwate-ginpla.net/

らでっぃしゅぼーや(3月1日週よりスタート)
https://www.radishbo-ya.co.jp/shop/

ジョージクリエイティブカンパニーが主催するチャリティーアートイベント「匿名希望展」に昨年に引き続き、長谷川と角田が出品しています。

有名アーティスト、ファションデザイナー、タレント、シェフ、美術学校の学生、小さな子どもたちなど、総勢約200名の作品を匿名で展示販売するイベントです。
全て同じテーマで描かれた作品を、作者を匿名にすることで先入観なくアートを購入することができ、展示終了後、購入いただいた方へ作品をお届けとともに、そこではじめて作者を知ることができる仕組みになっています。購入いただいた作品の収益(一部運営費を除く)は、支援が必要な世界の子どもたちに、画材やクレヨンに換えてお届けし、アートに触れる機会を広げていくことを目的としています。

東京ミッドタウンのB1にある無印良品の店舗前あたりのメトロアベニューで展示していますが、作品購入は下記の特別サイトよりおこなっていますので、ぜひ皆さま、ご覧ください。

匿名希望展
展示期間:1月22日(金)~2月7日(日)
時間:11:00~20:00
場所:東京ミッドタウン プラザ B1F メトロアベニュー
作品販売ページ:https://tokumeikiboten.com/museum/

昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。
みなさま今年もどうぞよろしくお願い致します。

2020年はコロナ禍でいろいろな予定が変更になりましたが、そのような状況下でも、グラフィックと会場構成を担当した、立川のPLAY!MUSEUMのこけら落としの展覧会「tupera tuperaのかおてん.」にはたくさんの方にご来場いただき、盛況のうちに会期を終える事ができました。
また、大学の授業や武蔵野美術大学のオープンキャンパスはオンラインへ移行し、時代に対応したコミュニケーションのあり方などを試行錯誤しながらも、リアルとオンラインのバランスと役割などを強く意識して取り組むことができました。

そして、2020年という逆境の中でも農家さんのブランディングや美術館さんとの新規プロジェクトなど様々なプロジェクトがスタートしており、2021年はそれらが少しずつお披露目していけるのが、今から楽しみです。

私たちとしても次なるステップとして2021年は働き方や体制をアップデートしていく予定です。また詳細が決まり次第、お知らせさせて頂ければと思っています!

まだ油断ならない日々が続いていますが、そんな時だからこそ少しでも多くハッピーなデザインを届けられるように頑張りたいと思います。

皆さまにとってもハッピーの多い1年になりますように。